剣道の防具

剣道を学校で行ったことがあるという方はいるでしょう。これから剣道を始めるという方や、お子さんが剣道を始める予定だという方もいると思います。
そのような場合に気になるのが防具や剣道着などのそろえるべきものについてです。
まずは防具などを借りることが出来る場合もありますが、長く続けていくということになると、やはり自分専用のものが必要となってきます。
そのためにしっかりとまずは防具について知る必要があるのです。
防具にはまず面、胴、垂、小手というものが存在します。これらは剣道を行う上でとても重要になってくるものです。
剣道は竹刀を使用し、相手に技を決めていく競技です。そのためにしっかりと自分の体にフィットしたものを使用し、そしてしっかりと自分を守る必要が出てきます。
防具は自分の体を守るために必要不可欠なのです。
防具はとても安いとはいえない代物です。そのために購入の際には自分にあったものをしっかりと選ばなければならないのです。
しかし防具は大事に使うことによって長い間持ちます。これは勿論手入れの状態によりますが、何年でも使用できるのです。
自分にしっくりときた防具を使い続けるためにも防具の手入れは欠かせないものになっています。

剣道の防具はよく汗やカビの匂いがして臭いと言われることがありました。
これは手入れ方法が難しく、下手に洗ってしまうと型が崩れてしまう恐れがあったのでなかなか手入れを行うことが出来なかったことに由来します。
しかし最近では手入れを行うことも難しくはなくなってきました。剣道の防具専用の消臭スプレーや手入れに使えるような商品が増えてきたからです。
このような商品の登場によって前よりも定期的に手入れを行いやすくなったのです。
しかし基本的な手切れ方法は変わりません。基本的には汗などの水分をしっかりと手ぬぐいなどでふき取り、風通しのよい日陰で陰干しすることが重要になってきます。
ここで直接日の光に当ててはいけません。日の光に直接当ててしまうことで、色あせが起こりやすくなり、また剣道の防具の劣化にも繋がっていきます。
胴を手入れする場合には胴胸と呼ばれる光沢がある硬い部分を軽くブラッシングを行い、やわらかい布で拭くことが大事です。
これも風通しのよい日陰に干すとよいでしょう。
このような普段の手入れ以外でも、面や胴をつけていくときに必要な紐が劣化して切れてしまう恐れがあります。
そのために普段から紐の予備を持っておくといざと言う特に役に立つでしょう。

消臭方法

剣道の防具の手入れは昔よりもとても簡単になってきました。今まで匂いがきつくなりがちであった防具も専用の消臭スプレーの登場により、前よりも匂いに悩まされることがなくなりました。

Read more

手入れ方法

剣道の防具のお手入れはとても重要です。基本的に剣道の防具は汗などの水分をふき取った後に日陰で干す必要があります。もし水分が残ったままになってしまうとカビの原因になってしまいます。

Read more

保管方法

剣道の防具を日のあたる場所に保管しないようにしましょう。日の光に当たってしまうことによって、防具が劣化してしまうおそれがあるからです。風通しのよい日陰に干すようにしましょう。

Read more